夏のイベントは明野サンフラワーフェス

見渡す限りのひまわり畑

毎年、夏の盛りの7〜8月は明野に行く

『山梨県北杜市明野サンフラワーフェス』

自分の背丈のひまわりの小径

恋人、家族、カメラ小僧に人気のスポットだ

昨年はなぜか例年より混雑した気がする

今年はどうかな

ミツバチが沢山。しかしここでは人には興味がないので刺されることはない。

ひまわりといえば、思い浮かぶものが2つ


1つ目

中原淳一

大正生まれ。1983年に亡くなっている

彼の描く絵は戦後の女性に夢と希望を与えた

そして、何よりひまわりの絵が印象的だ

女性の明るさとひまわりをたくさんの絵に残した

5月8日(水)~5月14日(火) 日本橋の髙島屋で中原淳一の「期間限定イベント」が開催されていた。

淳一アイテムはいつの世も

チャーミーな淑女へのプレゼント用に最適だ。


2つ目

『母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?

ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、

谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ。』

西條八十の『ぼくの帽子』という詩

この詩にはひまわりは出てこないが

ひまわりが脳裏に浮かぶ


ひまわりは夏の季語

「髪に挿(さ)せば かくやくと射る 夏の日や 王者の花の こがねひぐるま」与謝野晶子 (こがねひぐるまとは向日葵のこと)

「一粒の向日葵の種まきしのみに荒野をわれの処女地と呼びき」 寺山修司


冒頭の明野サンフラワーフェスで見られる

ひまわり畑に埋もれた白い日傘の行進が良い

ここで夏を愉しんではいかがでしょう

北杜市明野サンフラワーフェス

●期間:2019年7月20日(土)~8月18日(日) 30日間

●時間:午前8時~午後17時まで

●場所:山梨県北杜市明野町浅尾5664

東京から車で中央道韮崎I.Cを出て約20分

駐車場もたくさんあるので心配ない。